どんな商品であっても、音質に重点を置いたうえで生産されるので標準装備より高音質となります。
当然と言えば 当然ですが、カーオーディオを取り替えると「良い音」で聴く事ができます。
スピーカー1つ、配置場所1つで音質がガラリとかわります。

デッドニング(ドア防振)で世界が変わります!

音は空気の振動で伝わる物です。
なので余計な振動が加われば音自体も変わってきますし、その振動が抜けてしまっても音が変わってきます。
その余計な振動を防いだり、抜けを防げれば、音は劇的な変化をします!!

また、スピーカーが取り付けられているドアの鉄板は薄く、メンテナンス用の穴(サービスホール)がいくつも空いています。
この穴から音が抜けてしまいますし、外からのノイズも混入してきます。
このような状態では、スピーカーは本来の性能を発揮できません。
それらをちゃんと対策をすれば、スピーカー本来の性能を発揮させます!



「目的地までのルート案内を行なう」というベーシックな機能だけなら、DVDナビ以上であれば特に 問題ありません。
しかし、ハイエンドモデルは、まず地図の多彩な表現力や測位精度の高さ。
さらにAV機能でもDVDビデオ再生だけでなく、5.1chサラウンド再生やHDDオーディオといった高いエンタテインメント性を備えています。 AV面での多彩さを重視するのであれば、ハイエンドモデルは大いに魅力的です。